アートだけじゃない!カフェから音楽スタジオまで併設した美術館!?「弘前れんが倉庫美術館」

アートだけじゃない!カフェから音楽スタジオまで併設した美術館!?「弘前れんが倉庫美術館」

2020年7月、青森県弘前市吉野町に新たな弘前の芸術の拠点、『弘前れんが倉庫美術館』がオープンした。

 

当美術館は今から約100年ほど前に造られた旧吉野町煉瓦(れんが)倉庫を改修したもので、明治・大正期の建物をそのまま活かして世界的建築家である田根剛さんによって手掛けられたものである。その美しい外観から今年のグッドデザイン賞も受賞している。

弘前れんが倉庫美術館

 

現在開催されている小沢剛展オールリターンでは日本を代表する芸術家、小沢剛さんによる個展が開かれている。

弘前れんが倉庫美術館

「小沢剛展オールリターン」では、国内外で活躍した近現代の歴史上の人物をモチーフにした作品4作に加えて弘前での新作も加えた計5作が一堂に会した展示会である。絵画、映像、音楽を混ぜ合わせて表現される展示はストーリー性があって非常に見ごたえがある。

 

弘前れんが倉庫美術館

題材となっている著名な人物は5名。弘前ゆかりの人物も登場する。芸術的な面だけではなく、歴史的な面から見ても興味深い展覧会となっている。

弘前れんが倉庫美術館
こちらの展示室は2階から見ると、皆さんご存じの「あの形」をしている。

 

また、新型コロナウイルス対策として、各種イベントを少人数で開催したり、オンライン上でのワークショップや3Dアーカイブを利用した展示会など、コロナ禍でも楽しめるプログラムを充実させている。現在は事前予約なし、入館制限なしで入館できる。

 

美術館の隣の別の倉庫にはグッズ販売のショップ、サンドイッチやシードルなどをゆっくりと楽しめるカフェを併設。展示物を見た後や、美術館を利用していなくても、ちょっとした時間に利用できる。こちらは夜10時まで営業している。

さらに、当美術館には展示室以外にも、無料で読書や勉強スペースとして使えるライブラリーや、貸し出し用の音楽スタジオ、セミナーやダンス教室として使える鏡張りのスペースもいくつかあり、講演会やバンド、サークル活動などでも使える環境が整っている。社会人や学生など幅広い方々に利用されているようなので、ぜひ芸術鑑賞以外の目的としても利用してみてはいかがだろうか。

ライブラリー
無料でだれでも利用できるライブラリー。展示室の利用がなくても利用できる。

 


弘前れんが倉庫美術館

〒036-8188 青森県弘前市吉野町2-1

TEL:0172-32-8950

開館時間:9:00-17:00 (ショップ、カフェは22:00まで)

休館日:火曜日(祝日の場合は翌日に振替)、年末年始

「小沢剛展オールリターン」開催期間:2020年10月10日~2021年3月21日

HP:https://www.hirosaki-moca.jp

2020カテゴリの最新記事