100年以上続く老舗御菓子屋が作る真っ白なケーキ 弘前市「御菓子司 旭松堂」

100年以上続く老舗御菓子屋が作る真っ白なケーキ 弘前市「御菓子司 旭松堂」

青森県弘前市には多くの御菓子屋がある。バナナ最中を始め、せんべい、餅などの和菓子は地元民に長く愛されてきた。しかし、今回紹介するのは和菓子ではなく、ケーキである。それもケーキ屋のケーキではなく、100年以上続く老舗御菓子屋のケーキだ。

その老舗御菓子屋とは、弘前市本町にある「御菓子司 旭松堂(きょくしょうどう)」。この御菓子屋は大正5年(1916)に創業。100年以上たった今でも伝統を守り続けながら、御菓子作りを続けている。

そんな旭松堂にはたくさんの御菓子がある。特に和菓子が多いが、その中でもひときわ目立っているのがこの真っ白なケーキ。その名も「エンゼルケーキ」。見た目が天使の輪に似ていることから、この名がつけられたそうだ。

エンゼルケーキ ¥270
エンゼルケーキ ¥270

今の時代、一般的なケーキは生地に卵黄まで使うのが普通だが、エンゼルケーキは卵白だけで作られているため、それが生地の白さにも繋がっている。そして、外側のクリームはバタークリームだけを使い、一般的な生クリームは使っていない。

昔は生クリームが非常に高価でバタークリームがケーキによく使われていたが、今では、バタークリームを主として使っているケーキを売っているお店はほとんどないため、懐かしい味を味わいたいお客さんがよく買いに来る。

 

なぜ和菓子がメインなのにケーキが売られているのか

弘前市には昔から多くの御菓子店があった。しかし、洋菓子店や和菓子店という区別はなく、洋菓子も和菓子も両方売っているのが当たり前だった。

この旭松堂も創業当時から洋菓子も和菓子も売っていた。今では和菓子がメインで売られているが、当時の伝統を引き継ぎ、ケーキやクッキーも販売している。

 

おすすめ和菓子BEST3

4代目社長山本さんにお勧めの御菓子を聞いてみた。

バナナの風味が広がる「バナナ最中」。これは旭松堂で一番人気の御菓子だ。

バナナ最中 ¥130

青森県はリンゴが有名だが、あまり日持ちしないため、お土産で買うことは難しい。そこで、もぎたてのリンゴを楽しんでもらうために、それを御菓子で表現したのが「うす雪」。

うす雪 ¥97

弘前はリンゴだけでなく、桜が全国的にも有名である。この桜をイメージして作られたのが「夜ざくら」。上部に桜の焼き印が押されている。

夜ざくら ¥130

今回紹介したエンゼルケーキに使われているバタークリームは学生にとってはあまり馴染みがないだろう。バタークリームを味わいたい人、和菓子が好きな人はぜひ旭松堂に行ってみてはどうだろうか。

 

御菓子司 旭松堂

住所 〒036-8203 青森県弘前市本町102

TEL    0172-32-4023

営業時間 8:00~19:30

定休日 毎月10日、25日

2020カテゴリの最新記事